いまからASPカートを選ぶのであればCARTSTARで間違いないと言いたいですね!

こだわり商品研究所(株式会社リツメイ・コーポレーション)

https://www.kodawari-lab.com

自然派&エイジングケアという切り口で、美容・健康商品を販売されているリツメイ・コーポレーション様。「こだわり商品研究所」という屋号で自社ECサイトを運営。まさにその名の通り「それぞれの分野において最も優れた商品のひとつだと自分が納得できるものだけを厳選して紹介している」という自信と強いこだわりを持たれている。厳選して選んだひとつひとつの商品の魅力や背景をEC上でお客様に伝えていく為には、「CARTSTAR以外に選択肢は無い!」と熱く語ってくださった野崎様。

社長でありバイヤー歴25年・EC歴20年の実績と高い目利き力をお持ちの野崎様に商品選定のコンセプトから自社サイトを運営するにあたってのこだわりや、CARTSTARを選んだ理由について伺った。

POINT
  • 商品と運営に対する強い想いと、その想いに向かって日々勉強
  • 商品に関するできるだけ正確な情報をどこよりも詳しく発信
  • 自社サイトとモールの棲み分けを決めてそれぞれにあった運用を
  • 求めていた自由度とそれを実現できるCARTSTARの実力
お取り扱いされている商品はとてもこだわりがあるようですが、どのような基準で選ばれているのでしょうか?

お客様の代わりに情報収集・勉強をして商品を厳選

昨今、Web上で膨大な商品情報、関連情報が氾濫・発信されています。特に美容・健康分野においてはお客様が情報を取捨選択し、正しいものかどうかを見極めるのはとても難しいことだと思います。情報が多すぎるため、かえってお客様の商品選びが難しくなってきていますね。

私たちはお客様の代わりに商品情報を集め、勉強をして、「この商品であれば自信をもっておすすめできる」というものだけを選りすぐって紹介する通販です。そしてその商品の本質を理解していただけるように、できるだけ詳しく説明するという通販です。弊社でご紹介している商品の説明文がとても長く情報量が多いのはこの考え方が元になっています。お客様にできるだけ正確な情報をしっかりとお伝えしたいからです

商品を売るための説明ではなく、商品のことを理解してもらうための説明をしています。商品説明の書き方は教科書みたいです(笑)。「売り感」の強い説明をして勢いで買っていただくのではなく、しっかりと情報を知っていただき商品の本質を理解していただいた上でお求めいただきたいと思っています。

  

その分野でもっとも優れたモノのひとつであると、納得できるものだけを厳選

弊社は主に自然派・エイジングケアの分野でお役に立てる商品をご紹介しています。商品選びには一切妥協をしません。弊社で取り扱う商品は全て私が選んでいます。そのために展示会で情報収集をする、商品の生産者に直接お会いしてじっくりと商品についての話を聞く、関連のセミナーや勉強会を受講したり、アンチエイジングや栄養系の学会に入るなど、情報収集は積極的に行っています。この分野の商品情報に関しては、それなりの情報を蓄積していると思っています。それらの情報を元に「その分野のもっとも優れたモノのひとつであると確信した商品」だけを厳選しています。ただ独りよがりで選ぶのではなく、突き詰めていったらこの商品にたどり着く、という選び方をしています。ですからご紹介している商品はお客様のお役に立てる確信があります。

どの商品も我が子のように大切で、それぞれに思い入れがあります。自分の子供を安売りする親っていませんよね。それと同じように、大切な商品を安売りするようなことは絶対にしません。これも弊社の鉄則のひとつです。値引きや価格訴求や送料無料で買ってもらうのではなく、商品がお客様のお役に立てることをご理解いただけるようにしっかり説明することが大切だと思います

CARTSTARを導入するまでにはどういった経緯があったのでしょうか?

独自のカートシステムから移行を決意

自社ECサイトは1998年、簡易システムでスタートし途中自社でシステムを構築し運営してきました。しかし日々進化し続けていくインターネット環境の中で自社構築システムで続けるのはコスト的に無理があるとASPカートへの乗り換えを検討しました。

結果として2011年2月にマルチドメインカート(SAVAWAYが提供していた旧ショッピングカート構築ASP)を導入して、その後CARTSTARに移行をしたので約7年間SAVAWAYのサービスを利用していることになります。

他社との比較はしっかり

実はCARTSTAR以外にも他社のASPカートシステムを4社ほど使ったことがあります。その経験を踏まえた上で、もし今からASPカートを選ぶ人がいたら「CARTSTARを選べば間違いない」と私はアドバイスすると思います。

他社様は他社様で、もちろんそれぞれの良さはあります。しかし自分の中で気になる点がそれぞれあり、それがネックでした。結局、弊社の状況に照らし合わせて総合的に比較をするとCARTSTARが1番合っているという結論に至りました。商品登録はしやすいと思います。必要な機能はほとんど標準で装備されているのも素晴らしいです。余計なオプション費用は掛かりません。さらに言うとCARTSTARはリリースが他社と比べると一番後発なので、ベースのシステム自体が最新であるというのも大きいですね。

制約が少なく自由度が高い、自己実現が図れるシステム

様々なカートシステムを比較・検討した際に、弊社は「制約が少ないこと」にも重きを置いていました。たとえば先述したように、弊社の商品説明はかなりボリュームがあります。商品ごとに伝えたい情報はたくさんあり、省略することはできません。そのため、商品説明欄の文字数制限は重要なポイントでした。弊社の商品説明を制限なく入れることができるのはCARTSTARだけでした。さらにCARTSTARはカート横に登録できる商品画像枚数も豊富で、スマホで商品画像をフリックで見るための仕組みも、とても良くできていると感じています。デザインの自由度もとても高く、独自の「接客パーツ」機能を活用することで、お客様ごとにコンテンツの出し分けができるのも便利ですね。

他にも接客機能が充実しているので、特にリピート商材を取り扱っているのであればなおさらCARTSARを強くおすすめできると思います。自社サイトは自由度と独立性を確保できることが重要です。CARTSTARは制約が少なく、かつECのことをよく考えられてつくられたシステムなので自社サイトを運営していく上で自己実現が図れる数少ないショッピングカートシステムだと思います。今から自社ECサイトの立ち上げを検討されている方にとっては、お伝えしようとしても伝わりきらない部分も多いと思いますのでまずは実際にCARTSTARを試してその実力を実感してみて欲しいですね。それとASPを利用する上でとても重要なポイントなのですが、サポートがとても素晴らしいです。安心して利用することができます。

情報発信において、他に活用されている手段はありますか?

メルマガの定期配信とともに、「こだわり商品研究所ナビ」というコンテンツを発信しています。弊社で取り扱っている商品をご理解いただくための情報や、商品選びの基準になる情報をご紹介しています。

また、ご購入いただいたお客様へは、60ページほどあるオリジナルの商品紹介カタログを同梱してお届けしています。作成には手間もコストもかかりますが手元においていただけるカタログ支店という位置づけで重要視しています。スマホの時代になり、カタログの存在感が改めてでてきていると思います。

自社サイトとモールでは運営の違いはありますか?

自社サイトとモールは役割をはっきりと分けて運営

実は、こだわり商品研究所はモールには一切出店していません。弊社では別の通販サイトも運営しているのですが、そちらのサイトでモールには出店しています。商品のジャンルは全く異なります。弊社として考える自社サイトとモールの棲み分けの考え方があり、切り分けて運営をしています。

モールでは主に日本の伝統的な技術に支えられたマフラーや下駄など、他では目にしにくい商品をご紹介しています。基本リピート商品ではありません。勿論、どれも自信を持ってご紹介できる商品ばかりです。中にはテレビで何度も特集されるような商品や、生産量が限られていて日本での弊社だけが正規販売を許されている商品なども販売しています。

自社サイト「こだわり商品研究所」は自然派&エイジングケア商品で、リピート商品ですからお客様との関係性づくりがとても大切です。弊社のネット通販を利用してくださるお客様の層としては40代以上の女性が多いです。また、100回以上リピートしてくださるお客様が多くいらっしゃいます。商品を選ぶ際は、実際お使いいただくお客様のことを思い浮かべながら選んでいます。ですから、直接お客様とコミュニケーションが自由にできて、独立性がある自社サイトでしか運営はできないと考えています。

自社サイトの通販とモールで出店はまったく別のものです。自社サイトは「お客様づくり」と「お客様との関係づくり」が一番重要です。これは自由と独立性がある自社サイトでしかできません。モールにはモールのメリットももちろんあります。ただ、自社サイトに積極的に取り組むことは事業として通販を進めていくならば最重要課題だと思っています。

今後さらに自社サイトをどのように発展していきたいとお考えですか?

こだわり商品研究所の方向性は、信念にも近いものがあります。それをさらにブラッシュアップさせます。世の中にある、こだわり商品研究所の方向性に合うこだわり商品をどんどん発掘・厳選して、お客様にしっかりとお伝えしていきたいですね。また、情報収集・勉強を強化して知識を豊富にしていって、より良い商品を選べるようにしたいです。

そしてお客様に生涯おつきあいしていただけるような通販サービスを目指します。「この商品と出会えてよかった」「こだわり商品研究所があってよかった」と思っていただけるような会社になっていきたいですね。

CARTSTARで実現できたこと

  • 制限の少ない自由度の高いページ作りが可能に
  • 商品の詳しい情報と背景の説明を、豊富なテキスト量で詳しく解説することができた
  • 自社通販サイトとしての独立性と独自性を確立できた
  • お客様自身が納得して商品を選んでいただけるよう、メルマガなどを活用して情報発信できた
ショップ名 こだわり商品研究所
運営会社 株式会社リツメイ・コーポレーション
商材 美容・健康
ショップURL https://www.kodawari-lab.com