TEMPOSTAR おすすめ機能

常時SSL(AOSSL : Allways On SSL)化対応

CARTSTARでは、標準でもログイン情報・個人情報・決済情報などを入力するページでは通信の暗号化を行っておりますが、常時SSLを導入することでECサイト全体をSSLで暗号化できます。
これにより第三者による通信の傍受や情報の改ざんを防ぐだけではなく、来店されたお客様に安心感を与えお店のセキュリティと信頼性の向上に繋がります。
また、常時SSLを導入いただくことで、ECサイト内の全てのURLが「https://〜」となり、決済ステップなどを含むすべてのページを店舗様独自のドメインで運用できるようになります。安心・安全な運用のためにぜひ導入をご検討ください。

いまさら聞けない!?『常時SSL』とは?

Webサイト全体をSSL化した状態のこと
Webサイト全体をSSL化した状態を「常時SSL」といい、「Always On SSL」を略してAOSSLとも呼ばれます。サイト全体のURLを「https://~」とSSL化してしまう常時SSLが主流となってきており、これからのWebサイトは常時SSL化はマスト!CARTSTARも常時SSLの導入に対応しております!

SSL導入のメリットとは?

セキュリティが強化されます
情報を暗号化しクレジットカード情報や個人情報の盗難を防ぐことができます。
Webサイトが本物であることを証明できます
証明書の種類にもよりますが、証明書を発行されたサイトは認証局のサイトシールをサイト上に掲載することができるようになります。
HTTPSのサイトであることが本物の証明となり、アクセスしているWebサイトがなりすましサイトか本物かユーザーが気付きやすくなります。
SEO対策の観点から有利となります
証明書の種類にもよりますが、証明書を発行されたサイトは認証局のサイトシールをサイト上に掲載することができるようになります。
Googleは、今後より安全性が高いサイトを推奨するという声明をだしています。
(※常時SSL対応は、SEOの順位を保証するものではありません。)

導入に必要な手順

常時SSLオプションへのお申込みが必要となります。

  • ※本オプションで利用するSSLサーバー証明書は当社指定のドメイン認証型証明書となります。
  • ※常時SSL対応には所定の費用がかかります。

クレジットカード情報の非保持化対応

CARTSTARで利用できるクレジットカード決済オプションにつきましては、すべて「カード情報非通過型」に対応しており、クレジットカード情報はCARTSTARのシステムを通過せず直接決済代行会社へ送信されるため、安心してご利用いただけます。

クレジットカード情報の非保持化とは?

クレジットカード情報の非保持化とは、ネットワーク上でカード情報を「保存」「処理」「通過」しないことを指します。
すなわち、ECにおけるクレジットカード決済においては、カード情報がECサイト(CARTSTAR)のサーバーを通過しないため、情報が残らないことを指します。

  • 通過型

  • 非通過型