アイトラッキング(視線計測)調査、モバイル/スマートフォン(スマホ)/タブレット

スマートフォン調査おかいもの研究室ではトビー・テクノロジー社のアイトラッカーでユーザビリティ調査を行っています。

嬉しいことに興味を持って頂く企業様も多いので、今回はどのような調査が可能なのかを具体的に説明したいと思います。

今回はスマートフォン編です。

おかいもの研究室のアイトラッキング機器

Tobii Pro X3-120

x3-120サンプリングレート120Hzのスクリーンベース型アイトラッカー。旧製品(Tobii Pro X2-60)と比較するとサンプリングレートが、60Hzから120Hzにアップしたため、視線をより多く検出でき、またメガネをしている被験者でもテストが容易になりました。(旧製品はメガネをしている被験者の視線は検出しにくい。)また瞳孔検出能力にも優れているためキャリブレーション精度が大幅に向上しています。

Tobii Pro Studio

TobiiPro調査の計画、テストの実施、被験者の観察、結果の視覚化、そして統計分析に対応したアプリケーションです。
WEBサイトやアプリ以外にも、動画や静止画、PDFファイルなどの調査も可能です。

モバイル機器スタンド

X3-120アイトラッカーを使ったモバイル機器テストのための固定ユニットです。

■スマートフォン調査の流れ

Step1.ヒアリングおよび調査内容の設計

ヒアリング項目

  1. サービス名称
  2. 自社 or 他社の確認
  3. アプリ or WEBの確認
  4. 調査対象は何か?
    ・マーケティング視点
    □ランディングページ
    □バナークリエイティブ
    □Google Play や App Store の確認
    ※PCも確認します。
    ・サービス本体
    □サービス本体(想定__ページ)
  5. 調査対象のサービスの段階※複数選択可能
    □画像での確認
    □モックアップでの確認※多少の動きがある
    □開発中の確認(αバージョン)
    □正式化前の確認(βバージョン)
    □リリース済を確認
  6. 想定している具体的な消費者のイメージ
  7. 理想的な状態、消費者に動いて欲しい具体的なイメージ
    例)
    ・会員登録ボタンを直ぐに発見する
    ・キャンペーン情報を他のページに遷移する前に発見する
    ・購入ステップで迷わない
    など
  8. その他
    □競合の調査を同時に依頼する
    □リモート動画調査を同時に依頼する

実際にヒアリングを通して調査内容を設計します。

Step2.調査準備※被験者の募集など

アイトラッキング調査で最も難しい点は、適切な被験者を探すことです。
また被験者の目の状態によっては正確に調査が出来ない場合もあります。

被験者の目の条件(一般的な目の条件)

  • 視力は両目で0.7以上(メガネ、ソフトコンタクト着用含む)
    ※ハードコンタクトは精度が下がる可能性が高く被験者としてはオススメしておりません。
  • 過去半年以内に「白内障、感染症、外傷、斜視」等の眼の病気をしていない方
  • 極端に「目が細く」ない方(外観)
  • つけまつげ、まつげエクステをつけていない方、カラーコンタクトを使用してない方
    もしくは
    調査当日は、つけまつげ、マスカラ、カラーコンタクトなしで参加可能な方
  • 不正乱視の方は被験者の対象外(炎症やケガなどによって角膜表面に凹凸が生じている方)
  • その他眼病など目に異常がある方は被験者の対象外
  • 年齢等の為で瞼(まぶた)が下っている方は被験者の対象外

被験者の条件が厳しい場合は募集(リクルーティング)に時間がかかる場合がございます。
調査が確実に実行出来るように、被験者として問題の無いスタッフも複数人抱えております。

ユーザテストの被験者数についてはこちら

Step3.アイトラッキング調査

NHN テコラス本社にて行います。
〒160-0022
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階

アクセス
東京メトロ副都心線都営大江戸線「東新宿駅」A3 出口直結
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿3丁目駅」E1出口徒歩6分

※1F オフィスエントランスのエレベーターホールEast(LAWSON側)より、「E2」エレベーターで13階までお越し下さい。

Step4.調査データ加工・納品

以下のデータの納品が可能です。

ヒートマップ(視線滞留時間)

サーモグラフィーのようなグラデーションで、どの場所にどのくらいの時間注視したのかを知ることができます。または見ていない場所も知ることができます。

ヒートマップ_FindTravel_App_記事一覧01

ゲイズプロット(視線追跡)

被験者の視線の行動を追跡します。:どこからどの位置へ移動しているか、数字:どの順番で見たか、円の大きさ:どの程度見たかを知ることができます。

ゲイズプロット_FindTravel_Web_記事一覧01

AOI(興味関心領域)※スマートフォンは対応しておりません。

バナーやボタンなどをあらかじめ設定し、視線がその領域に入った時間と回数を算出します。興味関心のある領域がどの程度注視されたかを知ることができます。

調査動画データ

加工前の動画データをお渡し。

Step5.分析

調査した内容を分析し納品します。社内に分析の専門家がいない。時間がない場合はこちらのStepをオススメしております。

分析メニュー(例)

  • インパクト分析(発生頻度 × それによる影響度の大きさ(質)の2軸で分類)
  • ヒートマップ分析
  • ゲイズプロット分析
  • 調査時のインタビュー内容のピックアップ
  •  想定した被験者の理想的な動きとのギャップ
  • 課題点発見リスト(被験者毎にマッピング、出現率など)
  • 競合比較リスト

Step6.動画ダイジェスト

社内(お取引先)への共有用の動画編集、課題点を動画の中にテキストで挿入いたします。

興味を持って頂けた方は是非お声がけください

お問い合わせ
▲ ページ先頭へ