在庫管理の必要性

ネットショップ・ECサイトなどの実店舗を持たないお店では、商品の『在庫管理』が重要になってきます。在庫は、売れる時はいくらあっても困りませんが、売れずに大量に残ってしまうと経営を圧迫するためバランスの見極めが大切です。
このページでは、在庫管理の概要とそれによって得られる効果などをご紹介します。計画的に商品の在庫を管理することで、効果的なECサイト運営を目指しましょう!

在庫管理とは?

在庫管理とは、『製品・原材料・仕掛品の形で企業内にある在庫を最適な質と量の形で管理すること』です。例えば、食品を扱う企業の場合、商品には賞味期限と消費期限が設定されていますので、商品の鮮度が落ちないように管理をしなければなりません。加えて、消費・賞味期限に迫るものは切迫品として値引き販売し、期限が過ぎたものを廃棄するのも在庫管理の一部です。

在庫の管理はなぜ必要か?

在庫管理をしないと、『顧客が求める商品が自分の店にあるかどうかが分からない』『商品発注時にいくつ発注すればよいか分からない』『店の総資産がどのくらいなのかを把握出来ない』など、様々な影響があります。
また、モールによっては、在庫の有無がモール内の検索順位に大きく影響します。
他にも、顧客の視点に立ってみると「商品を注文したのに、注文後になって在庫がないと言われた」「注文したのに商品が予定日に届いていない」「注文していない商品が届いた」などのクレーム問題に発展する可能性があります。これらはネットショップ・ECサイトの評判・信用にも関わってくるので、非常に恐ろしい問題です。ECサイトでは口コミが売上を左右すると言っても過言ではないので、在庫の管理にはぜひ気をつけたいところです。

逆に、在庫管理を徹底することで上記の問題点は全てメリットに変わります。これを実現しているのがAmazonです。Amazonでは徹底した在庫管理により在庫の有無は商品ページで確認できますし、注文内容の確認メールによる誤発注の防止、注文を受けてからの迅速な発送がなされています。更に、大量発注により価格競争でも他社に負けない水準を保ち、自社倉庫による管理の一元化で管理コストを抑えることに成功しています。
普段から在庫管理を徹底し、商品を切らさず、注文を受けたらすぐに発送する。AmazonはECサイトが目指すべき形の代表例と言えるのです。

在庫が少ないと・・・

顧客が商品を求めている時に提供出来なくなる可能性があります。顧客への商品の販売機会損失に繋がる問題となります。

在庫が多いと・・・

販売機会の損失を恐れて在庫を過剰にストックすると、キャッシュフローが停滞し資金繰りが悪化します。在庫とは、お金を使って仕入れた『モノに成り代わったオカネ』なので、売れ残ってしまうと時間と共に商品価値が下がり、企業の資産価値も下がります。また、在庫には税金もかかってしまうので大変な事になります。

在庫の管理はどうするべきか?

在庫の管理のためには、在庫の状態、保管場所などの基本的な管理情報をまとめ、リアルタイムでチェック出来る体制を整える事が大切です。在庫の様々な管理情報がまとめることができれば、そこから在庫回転率や在庫回転期間を割り出す事が出来ます。
これらの指標を見る事で、在庫が一定期間にどれだけ入れ替わっているか、また入れ替わるまでの平均期間がどのくらいかを把握できます。適切な在庫量を予測することや、経営状態の確認にも役立ちます。
また、「在庫評価基準」を作成することも大切になります。在庫の価値と市場価値を比較し、在庫の価値は落ちていないかを確認するとともに、変動・急落する可能性はないかなど、厳格な在庫評価をしてみましょう。

\ネットショップの在庫管理はTEMPOSTARで/

ネットショップの在庫管理は
\ TEMPOSTARで /

在庫管理はネットショップ・ECサイト運営の上で非常に重要な課題です。いかに適正在庫を保つことが出来るかが在庫管理の目的です。そのために、在庫回転期間や在庫回転率を読み解きましょう。
しかし、人力ですべて賄うのは大変です。そんな時は、在庫管理のできるシステム 「TEMPOSTAR(テンポスター)」がおすすめ!TEMPOSTAR(テンポスター)を使えば、多店舗間の在庫管理が一括で出来るので、時間とコストの大幅削減が期待出来ます。

無料お試し期間は機能制限なし!

TEMPOSTARでは30日間の無料お試し期間をご用意しております。お申し込みいただくと、実際の管理画面でシステムを試すことができます。運営業務にお悩みがあるネットショップ・ECサイト運営者の方は、ぜひ一度お試しください!