一元管理のメリット

ECサイトにおける一元管理の大きなメリットは、やはり作業効率が向上することです。一元管理は、経営者と管理者、現場の作業時間を大きく短縮してくれます。受注管理・在庫管理・商品管理のそれぞれの面で、一元管理システム導入のメリットをご紹介します。

受注情報を一元管理するメリット

複数のECサイトやネットショップから受けた注文を、管理ステータスごとにまとめて対応することが可能になります。 受注完了なのか、入金待ちなのか、それとも配送完了なのか、いつどのような内容を受け付けているかなどが全サイト分ステータス管理から簡単に把握でき、すべての受注情報を横断した検索もできるため、問い合わせやクレームの放置を未然に防げます。
また、複数モールからの受注を一元管理することで、データの多角的な分析が可能です。

在庫情報を一元管理するメリット

複数モールで管理している在庫情報を一元管理することで、短時間で複数モールの在庫情報を一括更新できます。例えば注文が入り、ある1つのモールから商品在庫が減ったとしても、その情報をデータベースに取り込みすべてのモールの在庫情報を素早く更新することが可能になります。扱いの難しい、在庫の少ない商品や一点物の商品でも複数モールで販売できるので、商材の幅が広がるでしょう。
また、複数モールで在庫を管理していても、一元管理することで、二度手間やミスを防ぐことが可能になります。一元管理は情報の行き違いを防ぐことにも繋がります。進捗状況や在庫情報を並行して確認できることで、お客さまからの受注案件の問い合わせにも迅速に対応することが出来ます。確認作業の手間を省略できるので、事務対応においても非常に強みになります。

商品情報を一元管理するメリット

商品情報、商品画像、カテゴリ情報などの沢山の編集情報を一元管理することで、データベースに情報を登録し、複数モールで一括反映することが可能になります。一回の登録で全店に反映できるので、何度も情報を入力する手間が省けます。また、データベース化することで、膨大な情報の中から必要な情報を見つけやすくなります。

一元管理のデメリット

上述した通り一元管理にはメリットがありますが、使い方を誤れば、やはりデメリットも生じてしまいます。以下では、悪い一元管理の例とそれによって生じるデメリットを紹介します。

どんな情報も一元管理しようとすることで生じる複雑化

複雑な仕組みは、利用者の低減や情報の錯綜を招くことになり、結果として一元管理が行えなくなってしまう場合があります。 入力項目が多くなり、逆に手間が増える場合もあります。業務を正確・速やかに行うための一元管理が複雑化してしまうと、何のための一元管理かわかりません。どの部分を一元管理するのか、どの部分は個別に管理するのか、その見極めもとても重要になります。

TEMPOSTARなら安心!専任サポーターが導入まで丁寧にサポート

「最適な方法が分からない」「システムの導入は初めてで不安」という方もご安心ください。TEMPOSTARは店舗様ごとに専任サポーターがつくので、サービスに関することはもちろん導入に関する不安や疑問などにもお答えします!
「導入するかどうか分からないけど興味がある」という方も、まずはお気軽にご相談ください。

業務整理をせずに組み込む一元管理

業務を整理されていないままの一元管理は管理者や現場を混乱させ、業務速度を落とす原因になります。一元管理は加速装置なので、まずは業務を整理した上で計画的に利用しましょう。

TEMPOSTARなら安心!充実のセミナーで準備万端

これからECサイト・ネットショップの多店舗展開を始められる方や、新しく他のモールへの出店をご検討中の方へ向けて、TEMPOSTARのサービス説明会を開催しております。
TEMPOSTARサービスのご紹介はもちろん、導入までの手順や必要な準備事項のご案内など充実のプログラム。しっかりと準備を行ってから一元管理システムを導入することができます。個別の質疑応答も可能ですので、気になる方はぜひ一度ご参加ください。